過払い金の引き直し計算

どこに相談しても過払い金は同じ金額がもどる?

06年の最高裁の判決により、消費者金融などでの利息の上限金利は10万円未満の場合、年20%まで、10万円〜100万円未満の場合、年18%まで、100万円以上の場合、年15%までと決められました。

ですから、これ以上の金利を支払った場合、本来支払う必要の無い金利を支払ったわけですから返還請求することが出来ます。

過払い金を得意とする専門家に依頼

支払いすぎた金利を回収するのを過払い金返還請求と言いますが、同じ返済してもらうのなら少しでもお得な返済方法を選びたいものです。

司法で決められているのですから、何処で相談したとしても同じ金額が戻るだけ、と考えてしまいそうですが、実は相談する場所によって過払い金の返済金額は全く違ってきます。

相談するのは弁護士、司法書士となりますが、訴訟に持ち込んでも、と言う考えとあくまで交渉中心の回収とで取り返す金額に差がついてくるのです。

消費者金融側が満足のいく金額を提示してくれない場合、いつでも訴訟に踏み切る姿勢を見せてくれる弁護士なら望ましいのですが、中には早期解決を促す弁護士もいます。

そうなりますと、100万円返還されるのを希望していたところ、70万円ほどに減額されて、返金されるべき過払い金が大幅に減ってしまいます。

過払い金の返済額は決して一律ではなく、弁護士、司法書士などの判断と交渉によって変わります。

相談するときは過払い金を得意とする専門家に任せるべきです。

過払い金の引き直し計算無料の専門家サイト一覧メニュー