過払い金の引き直し計算

抵当権とはなに?

抵当権とは、銀行などでお金を借りる際に必ず必要な担保のことです。

大抵の人が住宅を買うときには、大きな資金を必要とするわけですから銀行で住宅ローンを組んで月々返していく形を取ります。

この時に銀行は、もしお金を貸して、返せなくなった場合を考慮して担保を取るようにしています。

それが住宅ローンの場合、この時銀行で借りたお金で買った住宅が担保として提出されています。

つまり住宅ローンの支払いが滞ってこの後の返済が不可能と判断したときは、土地と建物を取り上げる権利が抵当権なのです。

現実的に厳しい条件ですが、銀行では当然のことのようになっています、ここで自宅を担保とすることを拒否したら、もう取引は出来ないものと考えてよろしいです。

ですが住宅ローンの支払いが遅くなったから、と言ってすぐには抵当権が使えるわけではありません。

何ヶ月かの滞納した後に、督促状も何通か債務者に通知した上で、抵当権を使用するための手続きを裁判所に申込み、判断を待ちます。

土地建物への大きな権利

裁判所に抵当権を認められたら、住宅を競売にかける動きになります、それも裁判所から執行官が来て住宅を調査して裁判所から競売物件と認められることになります。

このような手続きには手間がかかり半年以上かけて行ないますが、債権者側は慣れていますので、着々と自宅を競売できるよう進めて行きます。

抵当権とはこのように土地建物への大きな権利を持ちます。

過払い金の引き直し計算無料の専門家サイト一覧メニュー