過払い金の引き直し計算

税金滞納。後回しにしてもだいじょうぶ?

給料の激減で、毎月の住宅ローンの支払いが苦しくなり、少しでも生活を切り詰めようと、つい後回しでもいいか、と思ってしまうのが税金です。

国に支払うお金ですから、借金とは違う感覚を持ってしまうのですが、税金滞納の罰則はかなり借金に酷似しています。

給料や通帳を差し押さえられ、そのうちに生命保険や不動産にも手が伸びます。

しかも、そのまま税金を滞納し続けたら最終的には公売という形を取ります。

公売とは

公売とは、税金を支払わない市民に対して国が、税金の代わりに住んでいる自宅を売却するのです。

そこまでには長くかかりますが、それでも国からは滞納した税金をきちんと支払わない限りは自宅の差し押さえは解除しません。

国から差し押さえられた物件ですと、生活再建のための任意売却することも叶わなくなります。

ですから、もしも住宅ローンの支払いに困って弁護士や司法書士に相談したら、必ず税金の滞納をしていないか聞かれるはずです。

税金の未払いがあると弁護士や司法書士と言えども打つ手が無いからです。

もう既に未払いがある場合は、税務署に直接行って、直談判して誠意を示すしか方法は残されていません、このように税金滞納は借金をしている時には、特に不利になる事柄ですのでくれぐれも後回しにしないようにするしかありません。




過払い金の引き直し計算無料の専門家サイト一覧メニュー