過払い金の引き直し計算

生活福祉資金貸付制度の利用

収入が少なくて家計の苦しい家や障害者のいる、または高齢者のいる家庭を対象に生活福祉資金貸付制度という公的制度があります。

これは一般の家庭より生活が不安定なため、銀行から資金を借りることが出来ない人を援助するための制度ですが、それでも返済可能であると判断された家庭だけが利用できる制度でもあります。

そして生活福祉資金貸付制度を利用するには、贅沢品を買うためなどの目的には許可は下りません。

利用目的は、収入が無く、失業した人に住宅費や生活費を融資するため、資格取得や技能習得のための融資、収入が少なくて、子供の高校または大学進学に融資するため、そして収入の少ない高齢者に、現在住んでいる自宅を担保にして生活費を融資するなどの目的となっています。

あくまで貧困に悩む人々への救済処置ですから、生活福祉資金貸付制度が使えるかどうかの融資審査が行なわれ、制度を必要と判断された人達だけが使える制度です。

制度が必要と考えられる人の条件は、ある一定の収入より低い金額である低所得な世帯、身体障害者手帳や精神障害者保険福祉手帳などを持つ家族がいる障害者世帯、介護が必要とする65歳以上の高齢者が家族にいる世帯であることです。

利息が低く、または無利息の場合もある非常に意義のある制度です。

過払い金の引き直し計算無料の専門家サイト一覧メニュー