過払い金の引き直し計算

過払い金とは?

住宅ローンの返済が遅れそうになりカードローンや消費者金融などから借り入れて間に合わせていたが、結局、住宅ローンは滞納してしまっている。家を売却しても残債となるので、任意売却を考えている。

―-住宅ローンに加え、複数の金融業者から借り入れがあるこの状況は多重債務といえます。




多重債務となっている方は金利を払いすぎている場合があります。払いすぎた金利は過払い金(グレーゾーン金利)といい、返還請求ができる可能性があります。
過払い金は、利息制限法による上限の18%を超える金利を適用されていたことで消費者金融やクレジット会社に払い過ぎていたお金のことです。

弁護士や司法書士に依頼する

返還請求の手続きは弁護士や司法書士に依頼することが多いですが、裁判をせずに返還されることもあります。




任意売却とは直接関係はありませんが、まず過払い金がないか確認することをおすすめします。

それは借金がどれだけあるか整理することでもあります。

そして、過払い金がある場合は、返還請求の手続きを任意売却と平行して進めるのが良いでしょう。




任意売却では、売却後の残債の減額や返済方法を交渉して決めることができ、売却益の1部も受け取れます。

再スタートのための手持ち資金が少しでも多い方が良いのはいうまでもありません。

過払い金の引き直し計算無料の専門家サイト一覧メニュー