過払い金の引き直し計算

過払い請求期間

過払い金とは、金融業者から借金をした際、利息制限法(15〜20%)を超えた契約を結んだ時に生じます。

債務者は、元金と利息制限法以下の利子については返済する義務があります。

しかし、利息制限法を超えた分の利子は法律違反ですから、既に支払っていたとしても返還してもらうことが可能です。

それが、過払い金の返還請求ということになります。

では自分でできるのでしょうか?

相手はプロです。相手は1円でも払いたくないはずです。

専門家の手数料をケチって怖い思いしたりすることもありかもしれません。

専門家に相談することをお勧めいたします。

まさか自分が多く払ってしまっているなど想像しただけで悔しいとおもいませんか?

もしそのお金が戻ってきたら臨時収入になります。

でも誰もが取り戻せるわけではありません。

いつ借金返済していたのでしょうか?時期がかなり重要になっきます。もし自分が金融会社や銀行にかりていた過去があるのであればいつ借りたのかどれだけかりたのか明確に調べてみましょう。

返還を請求できる期間

では、過払い金の返還を請求できる期間はどのようになっているのでしょうか。

それは、債務者が最終返済した日から10年以内と規定されています。

ですから、10年を1日でも超してしまった場合、1円たりとも返還されないことになります。

だからこそ、過払いの可能性がある方は、早めに行動に移すのが得策といえるでしょう。

また、過払い金返還請求をした場合、一部の金融会社は示談を求めてくるケースがあります。

示談に応じた場合、過払い金全額が戻ることはありません。

納得できない場合は、裁判となるわけです。

示談に応じるとしても、裁判で争うとしても、弁護士を間に挟んだ方がスムーズに進むと思われます。

最後に、示談や裁判で過払い金の返還が決まった場合、どのくらいでお金が戻ってくるのかです。

基本的には返還が決まってすぐに振り込むべきところですが、同じような返還請求の件数が少なくありません。

そのため、数週間から2ヵ月の日数を見越しておくとよいのではないでしょうか。

最近では過払いをしたくてもその業者がなくなっている場合があります。残念ながら過払い金の全額は取り戻せないことがあります。
そんな時泣き寝入りしなくてはならないのか!!

本来の1〜3割取り戻せることもあります。


それによって悔しい思いをしてしまうかもしれません。

急いだほうがいいかもしれません。

このような案件を過払い金の専門家は経験してきていますので過払い金の実績が多い専門家に相談することをお勧めいたたします。

過払い金の引き直し計算無料の専門家サイト一覧メニュー