過払い金の引き直し計算

債務整理はどのような準備をすれば良いか

債務(借金)の整理にもいくつか種類がありますので、その人の債務の状況や今後の人生設計によって手段が変わってきます。

自分に合った債務の方法を知ることがまずは最初にやらなければならない準備になります。

たとえば話し合いで借金を整理する「任意整理」。比較的借金の総額が少ない人が使う事が多いです。

ただ、貸金業社との交渉になりますので弁護士や行政書士にお願いする方が大半です。

他には調停委員を間に置いて自分で交渉する場合の「特定調停」。これは費用がわずかで済み、将来の利息が無くなります。

あとは資産は没収されますが借金が無くなる「自己破産」や自宅は残しながら元金を大幅に減らして返済する「個人再生」などがあります。

いずれも自分の債務の状況や今後の返済計画にあった方法をとるために、それぞれの特徴を知り知識をつける必要があります。

そうしなければ本来、弁護士にお願いしなくても良いのにお願いをして費用がたくさんかかっただとか、闇雲に自分でやって思っていた結果にならかったりする場合があります。

自分のケース

私の場合は、150万円ほどの債務が消費者金融からあり金利を返済していくのがやっとでしたので、弁護士に頼らず将来の金利をカットして元金を計画的に返済していく「特定調停」が合っていると思いましたので行いました。

結果的には過払い金の請求も合わせて行った結果、計画的に返済する予定でした元金も相殺されて借金が0になりました。

過払い金の引き直し計算無料の専門家サイト一覧メニュー